チャイナタウン

仁川港の開港以来,様々な埠頭仕事をするために仁川に集まった中国山東地方の人々が住んでいた場所だ。 ここチャイナタウンで中華料理の代名詞になったジャージャー麺が誕生した。

最初のジャージャー麺の家は1905年に、今日のチャイナ・タウン街にオープンした’コンファチュン’とされている。 共和春のジャージャー麺が口コミで大当たりすると,共和春を中心に華僑が中華樓,東興楼などを次々と開き,仁川は韓国料理の本郷の地位を占めるようになった。

チャイナタウンの坂道を登るとスカイヒルと呼ばれる中国式階段が造成されており,紫禁城,始皇帝の兵馬用坑,万里の長城などの絵が描かれていてチャイナタウンの雰囲気を引き立たせている。

スカイヒルの入り口の右側にはジャージャー麺の形をした造形物が建てられており,道の向こうには”義を守り,善良に生きろ”という意味が込められた仏教と道教が混在する中国式お寺である義善堂があり,中国文化がうかがえる。

華僑中山中から孔子像が建てられた自由公園の入口へと続く塀には,タイルで制作された三国志壁画が目を引く。

住所 : 仁川市中区中華タウンロ44ビョンギル28-12 | 大衆交通 : 地下鉄1号線仁川駅 | ホームページ:www.ichinatown.or.kr

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다