昌徳宮

後園があり,朝鮮の宮殿の中で最も美しい。

世界文化遺産に登録された昌徳宮は,朝鮮の宮殿の中でもっとも美しい宮殿として挙げられる。 太宗5年(1405)、景福宮の離宮に建てられた昌徳宮は景福宮を中心に東にあるとして東宮と呼ばれたりもした。 壬辰倭乱(文禄·慶長の役)を経て,昌徳宮は残念ながら他の宮殿と共に焼失してしまった。 そして、光海君(クァンヘグン)の時、再び建てられ、高宗の時、景福宮を建立するまで正宮の役割をした。 最も長い間王が住んでいた宮殿であり,最も愛されてきた昌徳宮は今も,その美しい姿をそのまま残している。

昌徳宮は朝鮮の宮殿の中でもその原型がよく保存された宮廷で,美しい庭園と建築物の配置価が優れており,ユネスコ世界文化遺産に登録された。 昌徳宮の正殿は仁政殿がある。 王が朝会議式や外国からの使臣接見など,公式的な行事をしていたところだ。 仁政殿の内部にはカーテンとシャンデリアが設置されており,景福宮とは対照的だ。

仁政殿の右側の入り口に出ると,王が業務をした便殿の選定殿が現れる。 チョン·ジョンジョンは青瓦でまず目を引く。 現在,王宮の中で唯一,青瓦を載せた殿閣である。 宮殿の瓦を質素に飾る伝統とは対照的だ。宣政殿の左側には王と王妃の寝殿である大造殿と熙正堂がある。 王妃が泊まる空間らしく,大造殿の裏庭や周辺には美しい花木が多い。 春には梅の花が咲き乱れ,宮廷を訪れる来場者の足を止める。

大造殿 の東には樂善齋 がある。 樂善齋 は,憲宗が王子を得るために側室として設けた殿閣である。宮殿の殿閣だが,丹青を施さず倹素 に見える。 憲宗は 殿閣
を建ててから2年ぶりに残念にも跡継ぎなく崩御した。 その後,楽善齋 では朝鮮最後の王室の李方子(イ·バンジャ)女史と徳恵翁主 (トクヘ)が居住していた。 裏庭の東屋と後苑もきちんと整えられている。

朝鮮の王様が昌徳宮を好んだ理由は,広くて美しい後苑のためだった。 自然の地形をそのまま生かした森の道や 芙蓉池 ,愛蓮池など,池があちこちに入って空気が澄んで景色も優れている。 清い水が流れる玉流川で,王たちは詩を作り,お酒を飲む遊びも楽しんだというから,この上ない休息空間であることが分かる。

後苑 で休息と遊びばかりしたわけではない。 王が直接農業を営んだり,王妃が蚕を飼って民たちの困難を理解しようとした。 愛蓮池近くの桑の木(天然記念物第471号)は養蚕を勧奨するため、王妃が直接育てたのだ。 受領が400年になったこの老巨樹のほかにも韓国で最も古いサルナシの木(受領600年)がある。 学者の気概を象徴するエンジュの木(天然記念物第472号)8本も昌徳宮(チャンドックン)入口に立っている。

住所 : ソウル市鍾路区ユルゴクロ99 | 大衆交通 : 地下鉄3号鉄安国駅3番出口、1.3.5号線鍾路3街駅6番出口 | ホームページ:www.cdg.go.kr

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다