付巖洞通り

自分の年齢ほど石をこすって手を引く瞬間,”石が岩につけば息子を得る”という素朴な伝説が伝えられる富岩洞は,安平大君が武陵桃源にたとえるほど美しい町だ。 .

釜岩洞住民センターで玄鎭健の家を過ぎると,安平大君が文章を読みながら弓を撃ったという無戒精査がある。 景色が美しく,中国の武陵桃源の谷にたとえて付けられた名前だ。 岩に刻まれた”無桂洞”という字は当代の名筆だった安平大君が書いたと伝えられている。

紫霞門の近くには韓国の抽象画が第1世代の金煥基画家の”換気美術館”があり,ドラマ撮影で有名になった”山角カフェ”がある。 カフェに入る前に
左を向いてみ れば,ソウル城郭から彰義門に降りてくる階段が見渡せる絶景が鑑賞できる。 カフェの庭園では,付岩洞(ブアムドン)の家の屋根と北岳山(プクアクサン)と仁王山(インワンサン)の調和した景色に,しばらくの間,魂が失われてしまう。 山角のカフェでさらに10分ほど上ると,百事実渓谷につながる。 2004年にトリョンの卵が発見されたという表示板とともにタカハヤ,カエルが鬼ごっこをする白事実渓谷は”白沙洞天”というが,白沙·李恒福がここで勉強したということに由来する。


アドレス:ソウル市鍾路区紫霞門路40路63|公共交通世宗文化会館で702番バスを利用|ホームページ www.jongno.go.kr

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다