北村韓屋村

景福宮の右側の清渓川と鐘路の上の町に位置するポクチョンには,伝統家屋が多く残っており,昔のものを捜し求める韓国人や外国人観光客が多く訪れている。

北村の中心に位置する嘉禧洞には,朝鮮時代の王族や権勢のある士大夫たちが住んでいたため,韓国の伝統韓屋の美しい軒先と自然が調和をなす調和美が路地のあちこちで見られる。 北村の地形は北岳と鷹峰が山並みの南斜面で地作され,丘陵と水路に沿って高度の低い南に流れ落ちる4つの谷間に形成された三清洞道,嘉喜洞道,桂洞道,原西洞道を中心に発達してきた。


このうち北村の美しい景色8ヵ所を選んで”北村八景”と名づけ,写真撮影をする際,最も適した場所に写真撮影表示板を道端に貼り付けてある。このため,北村に行けば,地図を持って道を見学する旅行者にたくさん会える。 北村8景の第1景である
昌慶宮 の全景をはじめとして,2京元西洞(ウォンソドン)のゴルバン通り,3景嘉会洞(ガフェドン)博物館通り,4景嘉会洞31番地の丘,5景嘉会洞(カフェドン)の路地裏道,6景嘉会洞(カフェドン)の路地,7景嘉会洞31番地,8景三清洞(カフェドン)石層渓路に続く。


住所:ソウル市鐘路区桂洞通り37 |公共交通:地下鉄3号線安国駅で徒歩洞 |ホームページ: bukchon.seoul.go.kr

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다