光化門広場

ソウルのど真ん中に造成された四季の散歩名所

光化門広場は韓国の顔のような広場である。 朝鮮時代には光化門前の両側に議政府(ウィジョンブ)と六曹(ユクジョ)をはじめとする主要官庁があって,政治,経済,文化の中心地だった。 今日の光化門広場は,市民たちが気楽に散策しながら楽しめるロマンチックな憩いの空間になった。 広場中心には,朝鮮の代表的な偉人である世宗大王と忠武公·李舜臣(イ·スンシン)の銅像が建てられている。 春から秋までは花園に変わり,冬にはスケート場も設置される。

光化門広場は首都ソウルの心臓部だ。 白岳山を背景に鮮明に表れている大統領府の青い瓦が鑑賞できる開かれた空間であるだけでなく,摩天楼がぎっしりと建ち並ぶ都心のど真ん中で,空っぽの空を眺めることができる

光化門は朝鮮が漢陽に遷都して建てられた正宮である景福宮の正門であり,”国王の大きな徳が国中と民を照らす”という深い意味が込められている。 光化門のある世宗路は世宗大王の墓から取ったものだが,歴史上最高の聖君として崇められている世宗大王が光化門の近くの通仁洞(トンインドン)で誕生したからだ。 世宗大王の銅像は,光化門の主人らしく,訪れる市民たちを慈しみ深く見下ろしている。

光化門から世宗路交差点までの道のりだ。 ここを議政府(ウィジョンブ),六曹(ユクジョ)など朝鮮時代の主要官庁があった場所であり,”六曹通り”とも呼ばれた。 2008年5月から世宗路(セジョンロ)の昔の姿である六曹(ユクジョ)通りを復元するための工事が始まった。 この過程で,朝鮮が建国された時期,壬辰倭乱(文禄の役)の前後,そして日本植民地時代の六曹(ユクジョ)通りの地層3つがそのまま表われ,大きな話題になった。

四季を通して光化門広場は,旅行客や近くのオフィスで働くサラリーマンで賑わっている。 春から秋にかけては,芝生や花園が造成され,野外植物園を訪れたような気がする。 夏になると,子供たちが忠武公·李舜臣(イ·スンシン)銅像の周辺に爽やかに噴き出すシャープ噴水と床噴水に熱狂する。 真冬にはスケート場で老若男女が交わって寒さを忘れる。 ドラマ”アイリス”を撮った有名税のため,韓流ファンたちも列をなして探してくる。 光化門広場の地下には,地上と光化門駅を接続するヘチマダン”があるが,この一帯についての情報も得られる。 世宗大王銅像の後ろの階段を下りていくと”世宗大王物語”。’忠武公物語’など歴史体験が可能な展示館に入ることができる。 また使う光化門の歴史がよく整理された展示館を見渡すと,”大韓民国の人”という誇りが鼓吹される機会をおまけで得られる。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다