仁寺洞通り

仁寺洞道は,韓国人の暮らしと伝統的な香りが息づく街だ
街中の博物館と呼ばれるほど見どころの多い仁寺洞通りには,昔のものと新しいものが一つになって活気を帯びている

仁寺洞は,朝鮮時代に絵を描くことを司っていた桃花園があった場所でもあるが,仁寺洞周辺のソンビ(儒生)村 から流れ出る古書画や骨董品で,取り引きが活発に行われ,早くから文化,芸術の街として通っていた。

仁寺洞通りに並んだ古美術品,骨董品,伝統工芸品店を見渡すと,祖先たちの知恵をうかがうことができる。 伝統喫茶店に立ち寄ってお茶を飲むと,伝統の香りに浸る。 仁寺洞道は伝統と文化を保存しようとする芸術家の汗がにじみ,文化観光の中心的な役割を果たしている。

仁寺洞通りの途中には,サムジの道がある。 螺旋型につながる独特な構造を持ったサムジギル(道 )には現代的な感覚が引き立つ品物を売り物にした店が多い。 仁寺洞を過去と現在が調和をなす空間にしたわけだ。 仁寺洞では民俗体験,伝統体験など,1年中様々な祭りが開かれる。 仁寺洞広報館を利用すれば,良い情報が得られる

アドレス:ソウル市鍾路区仁寺洞道59 |公共交通:地下鉄3号線安国駅6番出口,1号線鍾閣駅3番出口|問い合わせ02-737-7890 |ホームページ: www.jongno.go.kr

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다