清渓川

清渓川は朝鮮の首都である漢陽(ハンヤン)を東西に流した河川だ。
清渓川の水流は都城を取り囲んだ白岳山,仁王山,南山などから流れ始め,広橋と東大門,五間水門を経て往十里外のサルゴッ大橋付近で中浪川と出会い漢江に流れ込む。

清渓川はメトロシティソウルの空気を新鮮にしてくれる水路である。復元された清渓川水路に沿って散歩する市民はもちろん、都心を湛えた高層ビルも活力を得る。

清渓川は変化に富んだ屈曲を経験した。
清渓川は変化に富む屈曲を経験した。 自然河川で庶民の洗濯場や橋を踏むなどの遊び場として利用されていた清渓川は,日増しに汚染が深刻になり,市中の悩みの種に転落した。 そのため,清渓川は日本植民地時代から覆蓋されて道路になり,その上に高架道路まで乗せられた。
しかし,都心の代表的な商業地域で,風俗街だった清渓川一帯は奇跡のように蘇った。 03年7月1日,清渓高架炉は橋脚数個だけが記念遺跡として残したまま,歴史の中に消えて代わりに広橋,水標橋,ボドル橋,五間水橋など,過去の名物の橋がその姿を現した。 市民たちは新しく誕生した清渓川の水路に沿って,壁画,噴水などを存分に楽しんでいる。


アドレス:ソウル市鐘路区清渓川路1 | 公共交通:地下鉄1号線鐘閣駅,1·2号線の市庁駅,5号線光化門駅下車後徒歩に移動 | TEL: 02-2290-711 | ホームページ: www.cheonggyecheon.or.kr

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다