漢江展望カフェ

日々美しくなる漢江を素直に鑑賞できる展望憩いの場やカフェが続々と登場している。 漢江展望カフェは,それぞれ独特の魅力ポイントを持っているため,ますます人気が高まっている。

ソウルを横切る24の橋のうち,9ヶ所に展望憩いの場兼カフェがある。 仙遊島近くの”アルタウム仙遊(せんゆ)”と”アリタウム楊花”,漢江大橋中間の”ノドゥル牽牛カフェ(旧カーフェリオ)”,東作大橋南端にある”雲カフェ”と”ノウルカフェ”漢南大橋中間の”韓南セマルカフェ(旧カフェレインボー)”,広津教北端の”広津橋8番街(旧リバービュー8番街)”だ。 これらの展望台は一様に独特な景観と特別メニューを用意しており,訪れる人々の味覚を満足させてくれる。
特に”ノウルカフェ”は夕焼けの鑑賞に最適な場所であり,屋上の展望台から盤浦大橋の月光噴水が鑑賞できる夜景鑑賞ポイントでもある。 “広津橋8番街”は,江華ガラスでできた底を通して漢江の水が流れるのを見てスリルを感じることができる。 ここはドラマ(アイリス)を撮影してから訪れる人が多くなった。 展望カフェに行くには,大衆交通を利用するのがいいし,漢江(ハンガン)公園の駐車場を利用してエレベーターに上がってもいい。

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다