富川映像文化団地

富川(プチョン)映像文化団地には(キョンギド・プチョンシ)富川ファンタスティック・スタジオのほかにも、世界25カ国の有名建築物のミニチュアが展示されたテーマパークであるアインスワールド、室内スキドム、ウォーターパーク、スパ。フィットネス専門のレジャーパークであるタイガーワールドがある。

地下鉄の代わりに, ちりんちりん と鐘の音をあげながら走る電車に乗りに富川に行ってみよう。 富川(プチョン)映像文化団地では365日に映画が撮影されている。
映画、ドラマのオープンセット場として使われにする富川(プチョン)パンダスティックスタジオで一年中映画、ドラマ、テレビ番組を撮影する。 .
1930年代から1970年代までソウル鍾路、明洞(ミョンドン)、清渓川の姿が再現されていて興味深いばかりだ 。
現在では,姿を消した鐘路(チョンロ)の雨美館,東大門(トンデムン)から各地を往復していた電車,明洞(ミョンドン)の日本通りや,花新(ファシン)百貨店,清渓川(チョンゲチョン)の水標橋などの歴史的場所や建物はもとより,煉炭店,居酒屋,洋服店,喫茶店など,韓国の昔の風景が見られる。 ドラマ<野人時代>、<ファッション70’s>、<愛と野望>映画<太極旗を翻して>、<下流人生>、<力道山>などもここで撮影された。 韓国漫画映像産業振興院や、トンチュンサーカス常設公演場、ポルビク・スタジオ、無形文化祭攻防距離などがよく造成されており、2008年の文化産業振興地区に選定されたこともある。

住所:京畿道富川市遠美区吉州で1 | 大衆交通 : 地下鉄7号線の温水駅下車後サムサン体育館駅5番出口に出て富川(プチョン)映像文化団地の入口まで徒歩移動。