全州韓屋村

伝統の味と趣きのある郷里

全国に韓屋村を歩いている感じは全く違う。
都心に位置する家と家の軒が,お互いに接触するように続く。
日帝強占期に区画整理をした時期に形成され,従来の韓屋村とは違って,道が整っているのも色が違う。 慶基殿と全州郷校など文化遺産,崔明熙文学館,韓方文化センターなど展示館が密集しているため, ろくに 見るには 一日を取っても足りないところだ 。

全州韓屋村は,旧全州城豊南門東側の校洞と豊南洞一帯に瓦屋が軒を連ねている場所を言う。 都市開発の波もここだけは避けていた。 日帝強占期,日本商人たちが全州(チョンジュ)中央洞と多可洞(タガドン)などの中心部に入ってきたら,全州と近隣の有力者たちがここに家を建てて村を作ったのがこれまでだ。 543戸に上る伝統家屋が密集した全州の代表的な都心の観光地で、週末に車のない距離を運営する。

韓屋村旅行の初コースとして,たいてい電動聖堂を選択する 。 風南門の外は多くのカトリック信者が殉教した場所であり,カトリック信者たちにとっては意味のある場所だ。 ビザンチン様式とロマネスク様式が混ざった田洞聖堂は,ソウル明洞聖堂とともに韓国の美しい西洋建築物と知られている 。

チョンドン聖堂の 次の コースは向かい側の慶基殿 だ。慶基殿 は朝鮮太祖李成桂(テジョ,イ·ソンゲ)の御真影を安置した場所だ。 太祖は王朝を開国し,全州と慶州,平壌に自分の肖像画のある殿を建てた。 全州· 慶基殿 は丁酉再亂 の時に焼失したものを光海君の時に復元した。

全州韓屋村は,日本が全州市 区画整理する時形成されて ,道が格子の形でまっすぐになっている。 中央の大きな流れを”太祖路”と言いますが,両側に京東亜(キョドンアット)センター·漢方文化センター,工芸品展示館などの商店街が形成されている。 太祖と出会う銀行路 で,酒の道があり,チェ·ミョンヒギルとオモクデギル,ヒャンギョギルなどが並んでいる。 太祖路と会うに左右に全州伝統ハンジウォンと小説(ホンブル)の作家チェミョンヒ文学館、 傅彩文化館など見学するところが一つや二つがないため、足がちょっと速くなければならない。 韓屋村を一望したいなら,五木大夫橋や学堂など,かつての全州文化をうかがわせる文化財が密集している道だ。

全州韓屋村は現在,人々が住んでいるが,道端の家は工芸品売り場やギャラリー,陶芸展示館や喫茶店などに改造して使用している。 全州韓屋村をろくに 見てまわるには一日ではちょっと足りない。伝統韓屋で宿泊 を利用した1泊2日または
両三度訪れるつもりで旅行の計画を登った方がいい。

住所 : 全羅北道全州市完山区キリン大路99 | 大衆交通:、全州(チョンジュ)市外バスターミナルで韓屋村行搭乗 | ホームページ : tour. jeonju.go.kr

チャイナタウン

仁川港の開港以来,様々な埠頭仕事をするために仁川に集まった中国山東地方の人々が住んでいた場所だ。 ここチャイナタウンで中華料理の代名詞になったジャージャー麺が誕生した。

最初のジャージャー麺の家は1905年に、今日のチャイナ・タウン街にオープンした’コンファチュン’とされている。 共和春のジャージャー麺が口コミで大当たりすると,共和春を中心に華僑が中華樓,東興楼などを次々と開き,仁川は韓国料理の本郷の地位を占めるようになった。

チャイナタウンの坂道を登るとスカイヒルと呼ばれる中国式階段が造成されており,紫禁城,始皇帝の兵馬用坑,万里の長城などの絵が描かれていてチャイナタウンの雰囲気を引き立たせている。

スカイヒルの入り口の右側にはジャージャー麺の形をした造形物が建てられており,道の向こうには”義を守り,善良に生きろ”という意味が込められた仏教と道教が混在する中国式お寺である義善堂があり,中国文化がうかがえる。

華僑中山中から孔子像が建てられた自由公園の入口へと続く塀には,タイルで制作された三国志壁画が目を引く。

住所 : 仁川市中区中華タウンロ44ビョンギル28-12 | 大衆交通 : 地下鉄1号線仁川駅 | ホームページ:www.ichinatown.or.kr

富川映像文化団地

富川(プチョン)映像文化団地には(キョンギド・プチョンシ)富川ファンタスティック・スタジオのほかにも、世界25カ国の有名建築物のミニチュアが展示されたテーマパークであるアインスワールド、室内スキドム、ウォーターパーク、スパ。フィットネス専門のレジャーパークであるタイガーワールドがある。

地下鉄の代わりに, ちりんちりん と鐘の音をあげながら走る電車に乗りに富川に行ってみよう。 富川(プチョン)映像文化団地では365日に映画が撮影されている。
映画、ドラマのオープンセット場として使われにする富川(プチョン)パンダスティックスタジオで一年中映画、ドラマ、テレビ番組を撮影する。 .
1930年代から1970年代までソウル鍾路、明洞(ミョンドン)、清渓川の姿が再現されていて興味深いばかりだ 。
現在では,姿を消した鐘路(チョンロ)の雨美館,東大門(トンデムン)から各地を往復していた電車,明洞(ミョンドン)の日本通りや,花新(ファシン)百貨店,清渓川(チョンゲチョン)の水標橋などの歴史的場所や建物はもとより,煉炭店,居酒屋,洋服店,喫茶店など,韓国の昔の風景が見られる。 ドラマ<野人時代>、<ファッション70’s>、<愛と野望>映画<太極旗を翻して>、<下流人生>、<力道山>などもここで撮影された。 韓国漫画映像産業振興院や、トンチュンサーカス常設公演場、ポルビク・スタジオ、無形文化祭攻防距離などがよく造成されており、2008年の文化産業振興地区に選定されたこともある。

住所:京畿道富川市遠美区吉州で1 | 大衆交通 : 地下鉄7号線の温水駅下車後サムサン体育館駅5番出口に出て富川(プチョン)映像文化団地の入口まで徒歩移動。